円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」
ぬるい漫画家、円山みやこの日記&可愛いペット自慢(いねえよ)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/11/30(木)   CATEGORY: 漫画家とは
漫画地獄
知らない面白い漫画を、タダでたくさん読めるのはいーんだが。

相方が評論するときは、まだ1,2、3巻くらいのときなので、読んで「面白い!」続きが気になる…続きは!?と思っても。

「自分で買いなさい」だそうだ。評論が済むと、個人的によほど好きになった作品でないと買い続けることは無いようだ。

そんなわけで、あふれる蔵書の漫画の中にも、そういった作品が多々あって。

自分で続きを買おうにも、もう絶版(〆切の次にヤな言葉だな)だったり、その後膨大な巻数が出てて、これ以上本を増やすのは…とためらってみたり。

「○リージア」「シグ○イ」「ぼくら○」「闇金ウシジ○くん」とか、「月館○殺人」とか、巻数の少ないうちに揃えたいな、面白いし。


私とて同じ、漫画家として末席を汚す身。悔しいので一部伏字にさせていただきました。
(みにくい)



スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2006/11/25(土)   CATEGORY: 漫画家とは
漫画天国
お楽しみがやってきた。

相方は、漫画評論家としても某地方新聞にコラムを書いているので、その度、漫画単行本の新刊をどっさり買ってくる。

私もおこぼれに預かり、まだ封切ってない漫画をバリバリ破いて読む。タダで、剥きたての新刊がいっぱい読めるのだ。たまらん。うひひ。

相方のお眼鏡にかない、かつメジャーでなくとも面白い!かも?と思える本を買ってくるので、ものすごく新鮮だ。

知らない作家さんがいっぱいいる。し、絵柄で敬遠してても、ものすごく面白いものもあったり。いやあ、漫画って面白いな、好きだなと思える一瞬。
世の中に、面白いものを描く作家さんはたくさんいるのね~。

などと感心してばかりいられん。自分も漫画描いてる真っ最中だ。

我が家は漫画本と、漫画原稿で埋まりつつあります。

CO*0 ] page top
DATE: 2006/11/21(火)   CATEGORY: ゲーム
思い出のゲームたち(1)
むかしむかし。現在のやうに、ネットなどまだ普及してなかった頃。
ゲームにどんづまった時、人はどうしていたのか?

子供なら、ガッコ行ってまわりに聞きゃあいい。

厨房なら、ゲーム屋に行けば、たむろってるヤツのうち一人くらい教えてくれよう。ゲーム雑誌だって、恥ずかしげもなく買える。

だが、大人は?しかも、いい歳ぶっこいた女性は?!

これはそんな周回遅れでゲームに手を出してしまった馬鹿女の苦闘である。

…………………………………………………………………………………

「テトリス」GB(アドバンスではない。無論モノクロ)

ゲームにはまりやすい性格なのは自分で良く知っていた。若者達は知らんだろうが、太古の昔、日本全土の喫茶店のテーブルが全て「インベーダーゲーム」で埋まっていた時。

親からの仕送りをつぎ込み、ゲーム代の他に、必ず残しておかねばならなかった、喫茶店に支払うべきコーヒー代すら、10円足りなくなって店主に借りたという恥づかしい過去を持つ私。

極力ゲーム物に手を触れまいとしていたのに。知人宅で触れてしまったゲームボーイinテトリス。

面白さが忘れられず、買うまいと思っていても、帰宅後夢にまで見る始末。
夢の中でのゲームボーイは、紙箱のようにチャチだった。

自分が哀れで、ついに購入。

鈍い私には難しく、一面もクリアできず放置しかけたところに…

「全面クリアすると、スペースシャトルが飛ぶ」という話を漫画家同志の「口コミ」で聞いてしまった!

以来、寝ない食わない仕事しない、馬鹿まっしぐら「見たい!」の一念。単三電池など何本あっても足りやしない。深夜に電池切れになったときは狂ってた。

あげくいろいろ試して、ウォークマン用のACアダプタなら音は割れるが作動するとわかり、ますます切れ目なくのめり込む。

そして迎えた、五日目の朝。


スペースシャトル…飛んだ…あはははは。

…………………………………………………………………………………

子供なら、親が耳をつねって止めてくれる。中学生も…止めるよな、親が。

子供はいいよなぁ。
CO*4 ] page top
DATE: 2006/11/19(日)   CATEGORY: 音楽
角煮全国発売
相方と酔っ払いさんたちが主宰するレーベル「湿った質問」第一弾アーティスト「角煮」

彼女たちのCDが全国発売されました。タワレコでも買えます。

昨日は、相方と二人で地元のタワレコに行って、店頭に並んでるのを見てきました。そんで、試聴もしてみたり。

いいねえ、すごくいいねえ!嬉しいねえ。相方も嬉しそうでした。

そしてさりげなくリンク追加。「湿った質問」こちらからメールオーダーもできます。

来年からはツアーも始まるようです。就職はどうも棒にふったらしい(笑)誰も聞けないけど。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/11/18(土)   CATEGORY: ゲーム
メタルギアやりこみ
またゲームネタかよと言われても、書いとく。だってコレもすごすぎ。

http://www.youtube.com/watch?v=qylOM1GvL4g

エクストリーム、レーダーOFF、でソーコムでハリアー落とすんだよ~どうかしてるよ~30分かけて、しかもノーダメ。

ゲーム友達はおろか、ろくに友達もいない私は、他人のやってるゲーム画面など見る機会もないので、ユーチューブは本当に面白い。みんな、すげえ。とても自分と同じキャラを操ってるとは思えん。とてつもなく強くかっこいいキャラに見えてくる。

自分の家から逃げたペットが、よそのお宅で可愛がられているのを見てしまったような…。

そんな気持ちになってみたり、しませんね、はい、私だけですね。






CO*0 ] page top
DATE: 2006/11/17(金)   CATEGORY: ゲーム
メタルギア雷電
http://www.youtube.com/watch?v=doP3FUey0Nk

メタルギア3の限定版?についてた特典映像らしいのですが。

同人ノリで、3は未プレイの私にも笑えました。てか、2をやってる人じゃないと訳わからんかもですが。

メタルギア、難しそうで手は出さなかったのですが、何年か前うっかり2を買ってしまい……やはり難しかった。後悔しました。が、得意の「泣きながら歯向かう」「睡眠以外はゲーム」「飲まず食わず」攻撃で全モードクリア、ドッグタグ100%(ソリトンレーダー有)ステルス、青赤無限ヅラとバンダナを手にしました。

そして誓ったものです。「このシリーズに手を出すのはやめよう」と。

この映像で、さんざんな目にあっている可哀相な雷電。2の主人公(あえて言う)が君じゃなかったら、絶対最後までやらんかったと思う。私も、小島監督の策略にハマった一人です。すなわち「美形キャラでないと女性ユーザーはつかない」

蛇のアニキも汗臭くてかっこいいんですが。

もう無理。3は買わない。


CO*2 ] page top
DATE: 2006/11/14(火)   CATEGORY: 漫画家とは
やれやれ
ういー、やっとネームできた。あー良かった。

今回もほぼ、一発OKだ。大きい直しが無くてよかった。

私はプロットを書かない。担当者と打ち合わせで「こんな感じ?」とちょこっと話して、あと雑談、いきなりネームだ。ストーリーのラストも決めて描いたことがない。

てか、最近に至っては打ち合わせもしてない。東京を離れたせいか、編集部から電話もあんま来ない。信頼というよりは放置か?いや文字通り、距離を置かれている!?

遠距離恋愛なら「このままフェイドアウト狙い?!他に好きな子できたの?!」みたいな、煮え煮え状態ですね。「だったら自分から電話しなさいよ!」と言われるかもしれませんが。


「…気持ちを確かめるのが怖いの…」マジで。




CO*0 ] page top
DATE: 2006/11/04(土)   CATEGORY: ゲーム
豆腐サバイバー
以下、ゲーム、とりわけバイオハザードシリーズに興味の無い方には全く、つまらん日記であります。


「豆腐サバイバー」をご存知か?

バイオハザード2で、ある条件をクリアすると出来るようになる、ミニゲームである。

とは言え、主人公は関西弁の豆腐。武器はナイフのみ、でゾンビの集団をかわし、目的地までたどり着くのすら激難。

自称バイオ番長の私にも、ハンクまではクリア出来ても豆腐は無理。くやしい、でも見たい、豆腐エンディングを…。と、思っていたら。

http://www.youtube.com/watch?v=_TqfSLD1dFE

豆腐を、全クリですよ、ハーブ使わず全滅ナイフクリアですよ!そのコース取り、位置キメ、神ですかこの人!

惜しむらくは、エンディング映像までフォローしてないところですが、ぐぐればそこだけアップしてる人もいるので、見れます。笑えた~。

バイオ番長、などと自称しても所詮「泣きながら歯向かう子供」の根性、すなわち技術無しでゴリ押し、意地と時間でランチャーをもぎ取ってきただけ。下手っす。詐称です。

ユーチューブ、ありがたいなー。誰か「どろろ」の隠し映像もアップしてくんないかなー。この馬鹿は、プロアクションリプレイまで買おうとしたんだよ~。

CO*4 ] page top
DATE: 2006/11/01(水)   CATEGORY: 音楽
森川誠一郎氏
やべ、もう11月、早いなあ…って、今日の日記のイントロはみんなこれで決まり。

http://park19.wakwak.com/~zariganiya/jurandou/live/061217.html

そんなわけで、12月には相方と酔っ払いさんたちが主催する、レーベル立ち上げイベントがあります。

冬になるとなぜか札幌にやってくる、まるで白鳥の王子、ZOAの森川誠一郎氏も参加してくれます。

去年、札幌に長く滞在してくれた時に、お知り合いになったのですが、実は彼は、某有名漫画のモデルといわれているお方。

年齢を重ねても、そのたたずまいの美しさと、ステージでの圧倒的な存在感はむしろ、深く、刺さる。

そういうお方が、我が家の宴会で泡盛を飲み、居眠りしていくこの不思議。

森川氏についてつい、語りが熱くなったが、相方も出ます。アシュラスクール。うわ、怪しい骨董品屋に入ってしまった!的なバンドです。

札幌の、いい感じに煮えた音楽をみんなで見にきてね。私も回すしー、DJやるしー。(嘘です)

私は…ネームをやります。…年末進行か……。
CO*2 ] page top
Copyright © 円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。