円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」
ぬるい漫画家、円山みやこの日記&可愛いペット自慢(いねえよ)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/10/31(水)   CATEGORY: 北の暮らし
青の条件
20071031230316
どうだいこの色。

夕べ相方が、蟹の残りをあんかけ風に料理してくれたんだが。

途中「わー!!何コレ!」とか「えー?!何で?!」「しまった」とか、料理人からは絶対聞きたくないセリフばかり叫ぶ。

飛行中、機長のアナウンスでの『…あ』とか『ごめん…』くらい恐ろしい。

そうして出来上がった料理がこれ。青、蒼、ブルー!!

青い蟹あんかけ。蟹ブルー。

最初に野菜を炒めた時。先日のドライブ先で買った、珍しい産直野菜の『紫ニンジン』を使ったらしい。…普通のニンジンもあったんだが、好奇心が勝ってしまったようだ。まず煮汁がパープルになった。

そこへ蟹のほぐし身を入れたら、なんで??か、たちまち写真のようなクリアブルーに変化。

紫ニンジン+カニ。青の条件。

青は食欲を無くす色と言われている。

味はうまい。ありがとう。目は閉じていただきます。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2007/10/25(木)   CATEGORY: 北の暮らし
月へ飛ぶ鳥
今思い出した。ゆうべ相方と夜、10時?くらい?家への帰り道。ミャウミャウというかカウカウというか…とにかく鳥の声がする。

札幌都心部には、夏場になるとなぜかウミネコがやってきて夜でも鳴いてたりするんだが、もう秋、ヤツらはもういないはず…?と、思ったら。

「あれを見ろ!」と上空を指差す相方。空にはCGで作ったような、見事なvの字に、鳥の編隊が!

渡り鳥?ですかね?「雁が月に向かって飛んで行かぁ」という台詞がありますが、本当に月に向かって飛んでました。ほんとにv字編隊なんだねー。

なんの鳥かわからなかったけど今日になって、ミク友さんからも目撃情報をいただき、どうやら白鳥らしいと判明。ウトナイ湖へ移動中の団体さんだったらしい。でかい鳥だなあとは思ったけれど、まさか白鳥とは。

「行くぜオメーラ!遅れんなー!」「待ってくださいよオヤビ~ン」「置いてくぞオラー!」…みたいなもんですかね、カウカウと声掛け合って励まし合い(?)ながら。

北の白鳥は月に向かって飛ぶのでした。

ススキノのはずれで、渡り鳥を見る。めったにない経験でした。
CO*2 ] page top
DATE: 2007/10/25(木)   CATEGORY: 北の暮らし
秋を惜しむ
今日は日本列島オール晴れだったようで。札幌もいいお天気でした。

となると、いくら出不精の私でも思わず散歩に。いや、目当てはデパ地下、今日から開催の道東のお菓子フェアでして。なんかめずらしうまそげなパイ売ってるみたいだし。

公園の紅葉をながめつつ、デパ地下へ。パイも買えました。

平日でも公園には人がたくさんいた。やはり、もうすぐ来る長い長い冬を思うと、こんな日には出来るだけ太陽を浴び、秋を楽しみたいと、北海道人ならそう思う。

夜は、おいしい和食の店で焼き銀杏を食べました。ただ塩をつけて食べるのではなく、あらかじめ添えてある塩水に剥きたてを浸していただくのがこの店流。

ああ、秋。うまいものがいっぱいだ。北海道サイコー!!…いや銀杏は愛知県産だった。北海道ではまだ採れてないのか?

冬眠前の熊のように、道産子は秋をむさぼるのでした。
CO*2 ] page top
DATE: 2007/10/23(火)   CATEGORY: 北の暮らし
秋ですなぁ2
20071023144845
今日は父の命日でして。

亡くなってもう七年。早いねー。

私は元気にやってます。あなたが応援していた巨人、今年は日本シリーズ出れません。あなたが生きていたらさぞかし怒ったことでしょう。

『クライマックスシリーズ?!なんじゃそらぁ!』と。

あれはないよなあ、選手は何のため半年戦うのか、リーグ優勝って何なのさ。

まるで『ハイ!最後のクイズの得点は、一万点でーす!!』じゃありませんか。

まあいいんですが。写真は先日のドライブで見た紅葉。北海道の秋は素晴らしい。
CO*0 ] page top
DATE: 2007/10/22(月)   CATEGORY: 旅行
秋ですなぁ
20071022234623
仕事も終わりましたんで、温泉に行って来ました。

鼻先にニンジン、というかやはり、仕事明けの自分へのご褒美(温泉とか旅行とかゲームとか)を一つくらいぶら下げてやらないと。走れないわもう。

泊まったのは湖のそばの、冬は積雪のため営業しないというローカル&レアな秘湯。

なんと湖に向かって何の遮る物もなく、全裸で湖水脇に掘られた露天風呂に入るのだ。

昔は舟でしか来れない宿だったらしい。対岸からも見えないので、早朝、湯上がり、全裸のでかい女が朝日に向かってガオー。

写真は部屋からの朝日。

CO*0 ] page top
DATE: 2007/10/18(木)   CATEGORY: 漫画家とは
すごいぞあたし
ぐはあ!原稿アップ!

座してペリカン便集荷を待つ。解放の朝よ。

40ページを20日間で仕上げた。最短記録。毎度のことだがアシスタントなし。

すごいぞ自分、えらいぞ自分、だれも褒めてくれなくても、よくやったな、円山!

大きな声では言えないが、今回原稿制作開始から二週間、前回の日記にも書いた通り、相方が旅行で留守だった。

そうするといつも手抜きの家事をさらにすっとばす。話す相手もいないと淋しいが、しょーがないので仕事する。故にサクサクと進む。勝因はこれでしょう。

毎回この調子でできるとは思ってはいけない。し、ヤダ。きつかった(正直者)。

子育てしながら連載してる人はすごいなあ…頭が下がります。

子育てじゃなくても、友人の漫画家kさんは毎回、書き下ろし単行本の原稿180ページを一人で描いて、仕上げている。

某有名作家さんは毎回、1ダースのアシスタントさんに原稿の仕上げの指定を出し、70ページを2日間で仕上げてしまう。

みんな神業だよ、すげえ。

てかまあ、それがその人にあったやりかたなんだね。

本当は私も、一週間に一度は休みの日を入れたい。いつも切羽詰ってて相方にも申し訳ない。

ネームがもっと早くにあがんないとなあ…。毎回同じこと思ってるし。



CO*0 ] page top
DATE: 2007/10/09(火)   CATEGORY: 社会派きどり
相方見聞録
相方は先月末からず~っと旅に出ている。彼のレーダーに引っかかった、国内のさまざまなイベントを網羅する、「俺企画ツアー」だ。と言っても参加者は彼一人だが。

今日時点では、山形国際ドキュメント映画祭を見ている。普段から家でもBSドキュメントばっか見てるんだが。

老骨に鞭打ち、ネット喫茶に寝泊りしつつの、相方の旅日記から、許可を得て抜粋、ここにコピペする。

…………………………………………………………………………………


日本人の、鬱になっている人たちへ。
落ち込んだり、自分を責めたりしているヒマがあるなら、
周りを見廻せと、僕は言いたい。
そう言って耳に入るタイミングの人には、
言いたい。
(入らない人には…仕方がない、も少しそっとしておく。)

もちろん、そうしたところで自分の傷が癒えるわけではなかろうが、
世界にはどんな傷がどれほどあるのか、
知らずに痛がっているのは、
滑稽だ。

自信を持って痛むというのか、
痛むことの質そのものが変わると思う。

(たぶん)

…………………………………………………………………………………

相方はさすらいのヘンテコ精神科医だが、たくさんの患者さんを治療してきた。
彼なりに、思うところあるのだろう、し、私もそう思う。あえて言う。

上記の文章だけでは言葉が足りないだろう。詳しくはこのブログのリンク先「あっちふら、こっちふら」に飛んで、10月5日の日記をぜひ読んでほしい。





CO*0 ] page top
Copyright © 円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。