円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」
ぬるい漫画家、円山みやこの日記&可愛いペット自慢(いねえよ)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/06/29(月)   CATEGORY: 北の暮らし
アックス 山田花子再検証
20090629212537

発売中の、青林工藝舎刊 「アックス」 vol.69。今回は 漫画家 山田花子さんの特集です。

山田花子(not吉本の芸人)さんは17年前、自死されたのですが。

今だ、根強いファンと、世代を超えてその作品に魅かれ、作品は読み継がれているようです。

今回は改訂版の単行本がまた、青林工藝舎から再版されるということで。いろいろな方が思いのたけを寄稿されて、今回のアックスに載っています。

特集の最後を、相方がシメています。相方は本業の立場から、どうしても「どうしても語りたいことがあった」らしく、予定より長くなってしまったようです。

どうぞご覧下さい。そして!

私の本『お見送りいたします』もどうぞよろしく。
楽天ブックスではこちらです。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/06/26(金)   CATEGORY: 漫画家とは
日本マンガ学会
ご無沙汰しとります。

先週は、相方の日本マンガ学会出席のため、東京に行ってました。

マンガ学会はどっちかというと、学術的にマンガを研究するところなので、漫画家には縁が薄いところではあるのですが。

講師として、里中満智子先生、竹宮恵子先生、しりあがり寿先生、畑中純先生。大学でマンガを教えてらっしゃる大先生方が壇上に。

マンガを教える大学、専門学校がこんなにあるとは私も知りませんでした。

左隣席に相方、右に小野耕世氏、後ろに呉智英氏、村上知彦氏、壇上真正面に、講師竹熊健太郎氏とガチ、という、八方を漫画評論家に囲まれた席で、マンガを学ぶというありえない時間でした。

今回、上京初日に。下町の路上で飲みながら。

なにげに、バンドZ・O・A森川誠一郎氏の話をしていたら。

するとどうでしょう、なんと!ご本人がお仲間連れて通りかかるではありませんか!!!

まったく連絡がとれてない状態だったにも関わらず。なんの待ち合わせもしてないのに!会えて一緒に飲めるなんて!しかも東京で。

すごい偶然。でもきっと、森川さんも相方に、会いたいと思ってくれていたからと思う。だとしたらとても嬉しい。二人とも嬉しそうだった。

相変わらずかっこいい人だ。

今回は新大久保の、廃屋寸前の、元ラブホのビジネスホテルに連泊しました。

ベッドサイドにはイロイロなスイッチがそのまま残され。カーテンのすそが、ホチキスで留めてありました。

安くて気に入りました。

葬儀の知識も身に付く?”おくりびと”マンガ『お見送りいたします』←アマゾン。
楽天ブックスはこちら。よろしくお願いします。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/06/07(日)   CATEGORY: ?
思い出カエル
前回のカエル遭遇話で思い出したんですが。

東京に住んでたころ。 大家さんの庭の中に建てられたマンションに住んでたんです。

そこはちょっといろいろ変わった、あまりに珍しいマンションだったんですが、まあその話はあとで。

大家さんの庭は、すんばらしい日本庭園でして。大きな池がありました。

その庭には、春になると、池の水が真っ黒に見えるくらい、オタマジャクシが湧いてました。

頭が一センチくらいあるやつ。ハーイ!ヒッキー!ひきがえるのおタマですね~~。

そいつらが、さらに梅雨時になると、いっせのせー!!で、カエルになるわけですよ。

ある雨の日。私はマンションの自転車置き場で、チャリに乗ろうとすると、ハンドルになんかいるんですよ。

黒くて、1センチくらいで、手足があって…「うっ!蜘蛛か!?」と思ってよく見たら。

カエルですよ。しかも。

足元見たら……ちっこいカエルだらけーーーー!!!さらに!!

マンションの外壁も!!登りガエルーーーー!!!!

もうね、何百匹もね。マンションのね、4階の壁くらいまで、ちっこい黒いカエルが張り付いてたんですよォおお~~~!!!

カエル嫌いな人なら即、卒倒。引越しを考えるところですが。いや、いくら私がカエル好きだからって。

物には限度が、お腹いっぱい胸いっぱい、もう一生分のカエルは見たし。

晴れの日が続くと、日陰にびっしり固まってましたね。彼ら。

まあ、その雅なお庭も、翌年大家さん売ってしまって、池もつぶされてしまったんですが。

寂しいような気も…しました。春には、カルガモも雛を連れてきてた池だったのに~~

それにしてもカエル、なんで4階まで登るんだろう??どういう習性??

ヤツらにすれば、エベレスト登頂くらいの難度だと思うんですが。

ちなみにこれ、23区内での出来事です。

そんなマンションで描き続けた、新米”おくりびと”マンガ『お見送りいたします』無添加発売中です。
楽天ブックスではこちらです。ご覧下され。
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2009/06/03(水)   CATEGORY: 北の暮らし
レタスから、ど根性ガエル
20090603153332

タイトル通りなんですが。いや~~~~びっくりしたよゥオオオ~~~!

サラダを作ろうと、いろんな野菜を洗って…たら!

シンクのふちにこいつが!!!3センチくらいのアマガエルが

どうも、リーフレタスの中にいたらしい。畑からずっと、市場、八百屋、うちの冷蔵庫の中まで、いったい何日過ごしていたのやら。有機じゃない、ふつーのレタスなのに。

何日か前、相方がサラダを作ったときもリーフレタス使ったような気がするんだが…芯のほうに隠れてたのかな?

いやあ何十年ぶりにアマガエルさわっちゃったよ。ラブリー子供のころ、飼ってたんだよね~久しぶりにときめいたわ。

私の心の中の小4男子が『飼っちゃおっか?』と一瞬、囁いたのですが、やめときました。
カエルは生き餌の確保が大変。飼ってたときは毎日、虫捕り網で虫捕ってましたもん。

そーっと空き瓶に入れて、徒歩10分ほどの公園の、小川のそばの草むらに放してきました。
さらば、うかつなアマガエル。達者でな。

それにしても

いきなりリーフレタスを、まっぷたつにしなくて良かったああああ~~~~……ッ!!!
ウギャー!!

レタスは一枚づつはがして、ちぎる主義で良かった。包丁使ってたら、多分もう私、死ぬまでサラダ食べられませんよ…想像しただけで眩暈が。

 そんな私の描いた、新米”おくりびと”漫画『お見送りいたします』絶賛発売中です。
楽天ブックスではこちらです。
[ TB*0 | CO*5 ] page top
Copyright © 円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。