円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」
ぬるい漫画家、円山みやこの日記&可愛いペット自慢(いねえよ)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/06/29(水)   CATEGORY: 仕事
『お見送りいたします』 続刊Yahoo!コミックにて配信中
ご無沙汰しております

ついに、おかげさまで『お見送りいたします』が全電子書籍化されました。
まずは →Yahoo!コミック 本日6月29日より配信中です!

全6巻で、まずは1から3巻まで。7月には4から6巻まで配信されます。

1巻は、今までの文庫版や上刊と同じ内容です。すでにお買い上げの方は2巻以降をお読み下さい。

いやーーーーーーーここまで、長かった……。

文庫版発売が2007年。上、中、下三巻(のはずだった)新書版の上巻発売が2009年。

その間「つーづーきーはーー中、下巻はいつ出るんじゃー何故同じ内容の本を出して、続きを出さないんじゃー」というご質問をいただき続けました。

その間、答えに窮する非常に辛い日々でした。

2009年といえばおりしも世は「おくりびと」ブームで。私はその以前ずっと前から描いていた事は皆さんご存知のこと。
 
本当は、上、中、下巻は3巻同時発売は決定でした。
しかし、売り上げ等と全く関わりのない事務的な手違いで、中、下巻を同時に発売する事ができなかった。

と、ここにやっとお答えできます。 
その間、文庫版を買って下さり、続きと信じて新書版も買って下さった方々には本当に申し訳なく思っております。レビュー等で「同じ内容だなんてひどい!」と書かれた時には正直、泣きました。

ブログでは内容は同じなので、文庫版を持っている方は買わないでと呼びかけたのですが。新装版で揃えたい、揃えると信じて新たに買って下さった方もいらして、本当に平身低頭、土下座したい気持ちでした。

みなさん、本当にごめんなさい。買って下さったかたありがとうございます。失望された方、本当に申し訳ありません。ぶんか社に成り代わって、私が謝罪します。

ただひとつ言えることは、歴代担当者さんは皆、頑張ってくださった。本当に良くやって下さったという事です。

おかげでこの日を迎えることができました。

連載開始が2003年。終了が2008年。その間掲載も3誌にわたり、読者の方も変わる、しかも基本隔月連載。

「話の前後はよくわからないけど、面白い」と思ってくださるように。いつか単行本とか思わず、無欲で、と毎回描いてました。ですが。

私も今回、表示チェックのために送られてきた配信分をまとめて読んだ時。

『面白いじゃないかーーーーーーーー』すいません自分でもこんなにまとめて読んだ事なかったんです。

特に、小町が出てきてから。衣装描くの楽しかったな。そして。

電子書籍化が決定したあとに東日本大震災が起き。

人の死、葬儀、別れというニュース映像と、自分の描いてきたものを重ね、グッとくるものがありました。

この年に、紙媒体ではなくこういう形でまた、この作品がよみがえるという事も何か意味があるのかもしれません。

作中描き続けた、また我が身にも覚える「大切な人を亡くす」悲しみ、辛さ、心に開いたでっかい穴。
その悲しみを、本来埋めるべく日々の暮らしを送ることが大切なのに。その生活が成り立たず今も塗炭の苦しさの中で抱える方が何万人もいるのだと思うと。

この作品の売り上げから何か、わずかでもお役に立てること。特に災害時の葬儀関係について模索中です。

本当にお待たせしました。そうぞご覧下さい。





スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*3 ] page top
Copyright © 円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。