円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」
ぬるい漫画家、円山みやこの日記&可愛いペット自慢(いねえよ)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/10/28(火)   CATEGORY: 漫画家とは
救済の日
20081028034148
漫画界のカーペンターズ(?)西岡兄妹さんの新刊『救済の日』です。

装丁がエレガントで美しい。けど、その美しいものの中に何が描かれているかというと。

お兄様が原作、妹さんが作画。印刷が良く出来ていて、工程を思うと私ならひとコマも埋められないであろう、手描きのベタが圧巻だ。

原作者、西岡お兄さんの後書きも息を飲む。

そして解説は、うちの相方が書いている。

「こんな良い作品に解説が書けるなんて名誉だ」と言ってたが、結構時間かかってました。

読んで納得。

青林工藝社より絶賛発売中です。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2008/11/12(水) 21:19 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
● くまさんへ
円山みやこ | URL | 2008/11/12(水) 21:59 [EDIT]
コメントありがとうございます。その作品は、講談社月刊ハローフレンドに掲載された、私のデビュー作「うしろの尺太郎」だと思われます。
私の記憶すら曖昧なほど昔のお話なのに、覚えていてくださったなんて感激です。
心霊ネタだからって、恐ろしい心霊少年漫画「うしろの百太郎」を安易にパロって「うしろの尺太郎」などと。デビュー作のタイトルは、一生ついてまわるというのに。若気の至りとはいえ恥かしい。タイムトラベルであのころの自分に会えるものなら、羽交い絞めでタイトル変更させるでしょう。

現在私は、ぶんか社『月刊いちばん残酷なグリム童話』という雑誌で『お見送りいたします』という作品を描いております。
またお目に留まることがあれば幸いです。

長くやってると、こんな嬉しいこともあるんですねえ。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。