円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」
ぬるい漫画家、円山みやこの日記&可愛いペット自慢(いねえよ)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/01/21(水)   CATEGORY: 仕事
本日発売に掲載です
20090121140134
本日、1月21日発売の、ぶんか社刊『このサスペンスがすごい!』Vol,1に私の作品「お見送りいたします 恋する葬儀屋(バイト)」が載ってます。

連載1、2回を再録していただきました。ありがたい!

まだ未読のかたはどうぞ、これを機会にぜひ!ご覧下さい。

すでに読んで頂いたかたにもぜひ!あの感動をもう一度!
よろしくお願いします。

写真は、先日泊まった、まっ黒い温泉が湧き出るホテル。の、ロビーにあったリラックマ?です。ラブリーでも。

カメラに指かかってますね。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*6 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 好きです
aaki | URL | 2009/01/27(火) 02:10 [EDIT]
誰かがいてくれたから
大切な人の悲しみに没頭していられた
…って、この回のエピソードとっても心に残っています。
悲しみの底でしか気がつかない、そこにある幸せって
本当は一番、大切なものなのかもしれません。

そんな当たり前だけど、見過ごしがちなことを
優しくサラっと書いちゃうって素敵です。

ますますの御活躍とコミックスの新刊が発売されることを
楽しみにしています。



● コメントありがとうございます
円山みやこ | URL | 2009/01/27(火) 17:21 [EDIT]
>aaki様
暖かいお言葉ありがとうございます。『好きです』とタイトルにあって、まるで中二男子のようにドギマギした痛い自分を発見。

大事な人を失ったということは、心にすごくでっかい穴が開いてしまうので、すぐに立ち直ろうとか、しっかりしなきゃと思っても無理なことですよね。周りに迷惑かけちゃいけないと頑張っても、必ず、あとで無理が出ますね~。

幾度となくやってくる、不意に感じる悲しみ、喪失感はどうしようもないですし。泣きたい時は思い切り泣く、を繰り返しながら少しずつ、自分で穴を埋めていくしかないんですよね。

振り返ってみると浸っていた自分が恥かしくもなるんですが。そういう時期もあるという事を、自分にも他人にも許したいと思ってます。

本当に、二巻、出してくださいよぶんか社さ~~ん!





● No title
みながわ | URL | 2009/02/12(木) 20:52 [EDIT]
先生はじめまして!!

ブログがあることを今さっき検索して知りました。

そして私の大好きなBISHOPが続編かかれていたことも知りました。。

昨日、久しぶりに単行本を読み返したばかりでした。。

単行本にはなっていないそうなのですが、掲載雑誌を自力で探してどうしても読みたいです!!(;´Д`)

掲載雑誌名と号がお分かりになられましたらぜひぜひお教えいただけないでしょうか?
ヨロシクおねがいします!!( `・ω・´)ノ
● コメントありがとうございます
円山みやこ | URL | 2009/02/14(土) 21:28 [EDIT]
>みながわ様
お問い合わせありがとうございます。BISHOPについてですが、2007年1月の日記にも書いたのですが、ここにもコピペいたしますね。

かつて私は「おまコミミステリー」(実業ノ日本社刊おまじないコミックの増刊、略して「おまミス」)という雑誌に「BISHOP」という作品を連載していた。

紫東魁瑠(カイル)と藤谷洸(アキラ)の心霊ミステリー…で、3巻まで単行本になっていますが、雑誌の休刊に伴い、連載もストップ。

ですが、その後も「アレは続きどーなったんですか?」というお便りをいただいたり、こちらのブログにも、かつてお手紙をくださった方からも質問のコメントをいただきました。

その方にお答えした文面ですが、こちらにもコピペします。

……………………………………………………………………………………

コメントありがとうございます。BISHOPにお手紙下さった方なのですね。もしかして、バレンタインにチョコを送ってくださった?「すごく字のきれいな人だなあ」と感心していた方がいたんですが、その方でしょうか?違ってたらごめんなさいね。

BISHOPは123巻のあとは、残念ながら雑誌が休刊になってしまいました。(おまコミミステリー)
ですが、なんどかその後増刊号に、本編の続きではありませんが、魁瑠と洸それぞれの過去編を何本か描きました。が、残念ですが単行本にはなっていません。
その後、単行本3冊分の総集編を載せた増刊号があり、二人のご先祖様(?)のお話と、本編の、一応完結編(二人は大学生になっています)を描かせてもらいました。が、これらも単行本にはなってません。

お目に触れることなく、作品は完結した形になりましたが、かなり間をあけた形になったのに、二人の話を描かせてくださった編集さんと、気にかけてくださっていた読者の方々に感謝いたします。
本当にどうもありがとう。

……………………………………………………………………………………

単行本読み返すと、懐かしいですねー。(ここまでがコピペです)

みながわ様お尋ねの掲載誌ですが。

BISHOP『魁瑠と洸のご先祖様?編』が1999年11月号MB増刊「恐怖まんが666」に。

BISHOP『総集編&魁瑠と洸の大学生編』が2000年5月8日発売(ですので多分6月号?)のMB増刊号『恐怖まんが666』(たぶん)に、それぞれ掲載されました。

肝心の2000年発売の号にかんして曖昧なのは、部屋の中を探したのですが掲載号が見つからなくて、当時のメモ書きから掘り起こした記憶だからです。すみません。

私事ですがこの年の秋に父が亡くなり、確かお棺に、この増刊号を入れたんですよねー。燃えてしまったんですねー。そりゃ手元に無いわ、とさっき思い出しました。

入手はとても困難だと思いますが、いつかみながわ様のお目に触れることがあれば、魁瑠と洸の二人も嬉しいと思います。

長い間忘れずにいて下さって、本当にありがとうございます。


● No title
みながわ | URL | 2009/02/15(日) 22:33 [EDIT]
先生、わざわざご返信ありがとうございます!!

お父様の件はさぞやおつらかったことでしょうね。
心からお悔やみ申し上げます。(/□≦、)

BISHOP単行本、何回か引越しても手放せずにいまだに
宝物です。(ノ´∀`*)
何回読んでも面白いんです!!ほんとに!!
なので地道に続きを雑誌を探してみますね
ありがとうございます。

社会人になってマンガから遠ざかっていたのですが
がんばって好評な新刊までおいつきますっ (`・ω・´)ゞビシッ!!

季節柄風邪など召しませぬようご自愛ください。。。
(o*。_。)oペコッ
● No title
円山みやこ | URL | 2009/02/23(月) 17:15 [EDIT]
>みながわ様
お気遣いありがとうございます。時間の流れというものは偉大なもので、父の死の当時は、それは号泣したものですが、過ぎる日々に、今はなにか懐かしささえ覚えております。やはり悲しいときは悲しむ、泣けるうちはがっつり泣く、のが人間らしいのかもしれませんね。

せっかくみながわ様に気遣っていただいたのに、先日の北海道の猛吹雪でやられ、風邪ひきました。駄目駄目です。申し訳ない。

天気が全国的に寒暖激しいですね。みながわ様もどうぞお気をつけてお過ごし下さい。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。