円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」
ぬるい漫画家、円山みやこの日記&可愛いペット自慢(いねえよ)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/04/28(火)   CATEGORY: 仕事
本日発売です!!
20090428231923

本日28日発売の、新装刊『お見送りいたします』上刊の背表紙でございます。

本屋さんで見かけたら、そっと手にとって、堂々と胸を張ってレジへ行き、780円を支払うと幸せになれます。

またはこちらとかこちらなどで、「注文する」をポチ。ワンクリックで救える漫画があります。

この本の出版を知らされたのは、パリ滞在中でした。

まだ帰国できないのに、原稿をどうするか、背表紙を含む、カバー絵はどうするのか。「旅先でも何とか、描く事はできませんか?」と、編集さんからメールをいただきましたが。

ボルドーの次、バルセロナでは、絵をデータ入稿どころか、メールさえもできない状態に!

旅行中の宿は、日本から、予約サイトを通して選んで、ブッキングして行ったのですが。

ヨーロッパの常識なのかもしれませんが、フロントの無い、アパートメントスタイルの部屋を借りる時は、あらかじめ、返信メールに書かれている電話番号に、到着したらまず電話し、アパート会社の人と待ち合わせて、現地に案内されてから鍵をもらう。そういうシステムだったらしいんですよ。

しかしそんな事は案内メールにも一言も書いてなくて。

予約した部屋があるはずの住所のあたりを、荷物を引きながら、壊れてない公衆電話を探しながら、二時間近くウロウロウロウロ。

バルセロナの、一番の繁華街ランブラス通り。このあたりの公衆電話は、ほとんど壊れて使えません。

やむなく近場のユースホステルで電話を借り、アパート会社の人が迎えにくるのを待ちましたが。

予約した部屋とまったく違ってたり、設備も壊れてたり、ネットが繋がらなかったり。

部屋を変えてくれたはいいが、夜、鍵が開かなくなったり。

もうもう、毎日トラブルの連続。毎日英語で、抗議と交渉。

アパート会社の人も我々も、英語は母国語じゃないので疎通がうまくいきません。まして電話では。

アパートメントは、フロントのある、ホテルタイプのアパートメントよりは多少、お安いですが。

英語かスペイン語で、電話で交渉する意欲のある方以外、無理!と知りました。

編集さんからのメールですが、部屋で繋がらないから、ネットカフェにも行ったんですが。

日本語が、まったく表示されないんですなこれが!

インストールも不可能。結局近場の、美術館のWi-FiエリアにPCを持ち込んでメールチェックしました。

こんな状況でよく、本が出せたなあ………。

編集部の皆様のご尽力に感謝いたします。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。