円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」
ぬるい漫画家、円山みやこの日記&可愛いペット自慢(いねえよ)
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/03/30(金)   CATEGORY: 社会派きどり
恐喝
名古屋五千万円恐喝事件の主犯
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070330-00000082-jij-soci

この事件についての本も読んだ事がある。なんと前述の栃木リンチ殺人事件の本と一緒に。奇遇というか。

一介の中学生がなんで五千万円も?と思われたろうし、私も思った。この被害者のお宅は資産家でもなんでもない。どころか母一人親家庭だ。

恐喝されたあげく、亡くなったお父さんの保険金までむしり取られていたんだよ!!!

お母さんも、息子が恐喝されていたことはご存知だったらしい。では何故守ってやらんのか?と思われるだろうか。

世間的には責められるかもしれないが、私はその心情は察する。母親だけの家庭にどれだけ社会のフォローがないか。母子で心も体も弱っていたのだろう。

その弱みにつけこんで奴ら、したい放題、金はむしり取る、殴る蹴る、あげく入院するほどの怪我を被害者にさせてしまう。

が、むしろそれが解放されるきっかけとなった。入院先に「見舞い」に来ていた奴らに対する被害者の態度が、怯えてあまりに不自然だったため、同室の入院患者の一人の男性が不審に思ったのだ。

いじめを受けているのか?と聞いても被害者は否定していた。だが。

この人はある日病院の屋上で、被害者を囲んでいる奴らを見てしまい、一喝する。奴らは逃げてしまった。

その時初めて被害者は「この世に、あいつらより、強い大人がいたんだ」と知り、この人にすべてを打ち明け、事件が発覚した。

「一生、恐喝で食っていくんだ」と豪語し、巻き上げた金で風俗にタクシーで乗り付け豪遊していた中学生。「バレないように、いつも同じタクシー運転手を指名した」

子供が子供からむしり取った五千万円は、闇に流れるのを、大人がせっせとお手伝いして運んでやったようなもんだ!!!儲けたのもすべて結局は大人だ!!

後日の新聞報道では、「神様がすべて知っているよ」と諭した父親に涙した、とあった気が。


挙句、成人後冒頭の事件を起こし、公判中。

しかし奴らは、少年法の定めによって成人後も実名報道される事はない。女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人の一人が、30歳も過ぎてからまた監禁暴力事件を起こしても、実名報道されなかったのは皆様の記憶に新しいところでしょう。


そんなところで。

社会派ネタが続いてしまった。本当に同時期に興味を持った事件が、何年あと同時期に派生してくる。

この二つの事件の本を読んだのは4年くらい前のクリスマスだったと思う。

クリスマス時期になると、この手の本が読みたくなるのだ。腐れるほど浮かれている街になど出ず、独り読むのが大好きだ。










スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 円山みやこの「こっちの水はぬるいぞ」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。